あのおもちゃはどうなったの?懐かしのおもちゃの今を調査!

懐かしいオモチャ 現在 通販 ライフスタイル
Pocket

どうも、ダルグリです!

今回はオモチャをテーマに書いていきます!

皆さんはどういったおもちゃで遊んでいましたか?

ミニカーやメンコ、ベーゴマなどさまざまなおもちゃを使って遊んでいたと思います!

そんな皆さまが遊んでいたおもちゃが今どうなっているのか気になりませんか?

というわけで懐かしのあのおもちゃが今どうなっているのか!筆者が調べてきましたので、ご紹介致します!

スーパーカー消しゴム

スーパーカー消しゴム 懐かしい 今
出典:くるまのニュース

玩具メーカーのコスモスがカプセルトイ(ガチャガチャ)として販売されたゴム製スーパーカーのオモチャ。1970年代後半に「サーキットの狼」という漫画などの影響で、「ランボルギーニ」といったスーパーカーブームが起こりそのブームが後押しとなり一躍人気消しゴムとなりました!

遊び方としては、机にコースを作り、スーパーカー消しゴムを横に並べて、順番にボールペンのノック部分を使ってスーパーカー消しゴムを弾いて遊ぶレース形式。ボールペンのノックで弾いて、より目標近くに停められるかと競うゴルフ形式。ボールペンのノックで弾いて、相手のスーパーカー消しゴムを机といった舞台から押し出す相撲形式で遊ばれていました。

スーパーカー消しゴムの現在

スーパーカー消しゴム 復刻 ランボルギーニ
出典:おもしろ消しゴムのイワコー

スーパーカーを使ったイベントの企画やオリジナルグッズの販売を行なっている「GGF-T」さんが復刻販売を行うとのこと!

このスーパーカー消しゴムは「超精密スーパーカー消しゴム」として登場しており、ボードゲーム仕様となっているとのこと!独自のエッジや流麗なスタイルを3Dデザインで忠実に再現されています!

販売されるスーパーカー消しゴムのラインナップは、ランボルギーニ「イオタ」、「ミウラP400SV」、「ウラッコP250S」、「カウンタックLP400S」、「カウンタック25thアニバーサリー」の5種類となります。

昔遊んでいてまた遊びたいという方々やこれから遊んでみたいという方は是非ご購入してみて下さい!

購入サイト→https://ggf-t.jp/supercar-eracer/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ランボルギーニ消しゴム 20個
価格:17600円(税込、送料別) (2021/5/24時点)


笑い袋

笑い袋 懐かしい 今
出典:amazon

パーティーグッズメーカーの株式会社アイコが販売していた商品。ピエロのイラストが描かれた布製の袋の中にある機械のボタンを押すと、笑い声を発声するジョークグッズ。

1960年代に、アイコの製品を輸出していたアメリカの会社から「笑い声を作ってくれ」という注文があり、ぬいぐるみの中に入れて販売しましたが、全く売れず。

そんな状況を何とかする為、試行錯誤した結果、「袋に入れてぶら下げたら」というアイデアが出て、1969年に、袋にピエロのデザインを入れて発売。その結果アメリカで大ブレーク!

そして、アメリカでの発売から翌年、日本でも販売したところ大ヒットしました!

笑い袋の現在

袋に内蔵したレコードから流す仕組みの笑い袋でしたが、時代が経つにつれレコードが衰退。それとともに販売元のアイコは廃番にしたとのこと。

しかし、笑い袋は別の企業によって現在でも販売されています。この機会に笑い袋を使って笑ってみてはいかがでしょうか!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昔懐かしい革製笑い袋!LAUGHTER POUCH【ジョーク】
価格:2090円(税込、送料別) (2021/5/24時点)


アメリカン・クラッカー

アメリカンクラッカー 懐かしい 現在
出典:uminekoya

プラスチック製の2つのボールをリズムをとって「カチカチ」とぶつけて遊ぶグッズ。「カチカチボール」とも呼ばれていました。

1971年、アサヒ玩具が「アメリカで大流行のおもちゃ」として発売したのがきっかけでヒット。

アメリカン・クラッカーの現在

現在でもアメリカンクラッカーは様々なメーカーにて販売されております。光ったり安全性を考えて柔らかったり様々なアメリカンクラッカーが販売されています。

この機会に是非お子さんやご友人の方々と遊んでみてください!!

ソフトグライダー

ソフトグライダー 懐かしい オモチャ 現在
出典:amazon

パーツ組み立て式の飛行機型玩具。素材は発泡スチロール。サイズは主に小型です。

種類は、手で投げるだけで飛ばすことができる「手投げ式」と、ゴムを利用してパチンコのように飛ばすことができる「ゴムとばし式」の2種類あるとされています。

飛行機本体の組み立てとして、主に翼を差し込むための穴が開いている船体部分に翼を差し込み、本体先端にプロペラ(手投げ式)もしくはゴムひっかけ口(ゴムとばし式)を付けるだけで非常に手軽。また翼の角度、位置などを調整したり色々工夫することよって飛行距離を伸ばすことができます。お父さん世代で遊んだ方は多いのではないでしょうか?

ソフトグライダーの現在

現在でも数多くのソフトグライダーが発売されております。

古い飛行機の機体ややなんともオシャレな飛行機など様々です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】妖怪ウォッチ ソフトグライダー
価格:110円(税込、送料別) (2021/5/24時点)


モーラー

モーラー 懐かしい オモチャ 現在
出典:smileNet

増田屋コーポレーションが1975年に発売したおもちゃ。


本体はオレンジ色のモール製で全長235mm、二つの目と尖った鼻をした何とも奇妙な生き物になっています。

鼻の先にはテグスがあり、これを引っ張ることでまるで生きているかのような動きで操ることが出来ます。

発売直後に爆発的なヒットとなり、初年度に200万個を売り上げ、まさにこの時代を代表するおもちゃとなりました。

モーラーの現在

現在でもモーラーは売られており、様々なデザインで発売されております。

子供ウケ間違いなしのおもちゃ。遊んでみてはいかがでしょうか!

ポッピンアイ

ポッピンアイ 懐かしい オモチャ 現在
出典:ミドルエッジ

中がくりぬかれた半球の形をしており、弾力性のある合成ゴムで出来ています。裏返して机などの上に置き、ゴムの弾力によって元の形に戻った際の反動で高く飛び跳ねさせて遊びます

1980年代頃にカプセルトイとして販売されて大ヒットしました!

ポッピンアイの現在

現在でもポッピンアイは色んなメーカーで販売されており、キャラクターといったいろんな形で販売されています。

基本的に安価で気軽に遊べるので、皆様もこの機会に遊んでみてはいかがでしょうか!


懐かしのおもちゃまとめ

どれもこれも懐かしいおもちゃばかりでしたね!

今でも買えるおもちゃが色々とあるのでぜひこの機会に購入してみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

それではまた!

参考文献

昭和に大ヒットした「笑い袋」廃盤になっても再生産しないこだわりとは | あなたとハッピー! | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93
月~木曜日はふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正、金曜日は落語家の春風亭一之輔が担当!巷の今をまるかじり!個性的なレギュラーコメンテーターと旬な話題をお届けしていきます!...

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アメリカンクラッカー

https://dic.nicovideo.jp/t/a/ソフトグライダー

1970年代 流行したおもちゃ | 年代流行
1970年代に流行したおもちゃをご紹介いたします
傑作ロングセラー商品にして昭和を代表する「ガッカリ玩具」?増田屋コーポレーション「モーラー」【連載:懐かし玩具アーカイブス】
70年代に大ヒットした増田屋コーポレーションの「モーラー」を、昭和キッズカルチャーをこよなく愛するレトロ系ライターが語る!! 【連載:懐かし玩具アーカイブス】

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ポッピンアイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました