【ケアレスミスを無くせ!】発達障害者はケアレスミスが多い理由と対策をご紹介!

発達障害

発達障害者
発達障害者

ケアレスミスが多くてツラい。何か対策は無いのか?

そんなお悩みにお答えします。

どうも、ダルグリです!今回は発達障害者に多いケアレスミスの原因と対策をご紹介致します!!

・発達障害者にケアレスミスが多い理由は「注意力が欠如する特性」「多動性」「衝動性」が挙げられます。

・ケアレスミスをしない為の対策は「ミスした状況を覚えて対策を練る」「勘違いをなくす為に気になったことを素早く聞く」「落ち着いて作業を行う状況を作る」「何度もチェックするよう意識する」「ケアレスミスを防ぐグッズを使用する」が挙げられます。

・計算間違いを防ぐ!電卓をご購入したい方はこちらから!

・特定の文章以外を隠して読める!モジサシ定規をご購入したい方はこちらから!

発達障害者はなぜケアレスが多いのか?

発達障害者がなぜケアレスミスが多いのかというと・・・

  • 注意力が欠如する特性
  • 多動性
  • 衝動性

が挙げられます。それでは順に詳しくご説明致します。

注意力が欠如する特性

発達障害者の方は注意が不足してしまうを「注意力欠如」の特性があるとされています。

仕事や勉強している際も注意力が欠如してしまい大事な文章などが記載されていないなどケアレスミスをしてしまうことが多くあります。

多動性

発達障害者はそわそわと落ち着きが無かったり喋りすぎるといった動きが多くなる特性「多動性」があるとされています。

この多動性によって一つの物事に集中できず何かしらのミスをしてしまうことにつながるのです。

衝動性

発達障害者は思い立ったらすぐに行動をしてしまう「衝動性」の特性があるとされています。

何かの作業の確認をしている際、衝動的に別の行動をしてしまい確認を怠りケアレスミスをしてしまいます。また、誰かが説明をしている時も別のことを考えてしまうなどして、ちゃんと理解していない状況で仕事を行い周りがしないようなケアレスミスをしてしまうことも多くあります。

ケアレスミスをしない為の対策

ケアレスミスをしない為の対策は・・・

  • ミスした状況を覚えて対策を練る
  • 勘違いをなくす為に気になったことを素早く聞く
  • 落ち着いて作業を行う状況を作る
  • 何度もチェックするよう意識する
  • ケアレスミスを防ぐグッズを使用する

が挙げられます。それでは具体的にご紹介致します!

ミスした状況を覚えて対策を練る

ケアレスミスした状況を覚えておいて対策を練るのがオススメ。例えば確認不足によるケアレスミスをした場合は二重チェック出来る状況を作ったり、作業を忘れてしまう場合はスケジュール帳などに今日やることをまとめて置くなど対策をします。

そうすることで、自分に合わせたケアレスミスを抑えることが出来るでしょう。

勘違いをなくす為に気になったことを素早く聞く

作業を説明されている際、衝動性などの特性が原因で説明がちゃんと聞けず、勘違いなど作業のケアレスミスを起こしてしまう発達障害者。

この場合、勘違いをなくす為多少疑問に感じたところは周りの人達に聞く意識を持ちましょう。

聞く際は「すみません。確認なのですが、」と”知らなかったから聞く”という感じではなく”不安なので改めて作業を聞かせて下さい”という思いで聞きましょう。そうすれば「ちゃんと作業をしようとしている」と相手から好感が持たれます。

落ち着いて作業を行う状況を作る

時間に余裕が無かったり突然今すぐ作業を行うよう指示が出された場合、焦って注意力が欠如してしまいケアレスミスをしてしまう発達障害者。

この場合、落ち着けて作業を行う為の状況を作りましょう。例えば、突然きた仕事に対して今すぐやるべきが後回しにするべきかの優先順位をつけます。そうすれば「今やっている仕事は後回しにしよう」「今やっている仕事を終わらせてからで大丈夫」と冷静になり余裕を持つことが出来ます。

また、突然の仕事が出来ない場合「すみません。集中してこの作業を終わらせたいので」と作業が出来ないことを説明しましょう。そうすれば別件の仕事は回されず慌てて作業を行う状況を抑制出来るでしょう。

何度もチェックするよう意識する

様々な特性が原因でケアレスミスをしてしまう発達障害者。

この場合、二重チェックなど何度かチェックする意識を持ちましょう。

例えば書類を作成し終えたら文章の間違いがないか一通りチェックをしたり、箱の個数が指示通りの個数か数えなおすなど行いましょう。そうすればケアレスミスを抑えることが出来ます。

ケアレスミスを防ぐグッズを使用する

焦っていたり油断などをしてケアレスミスをしてしまう発達障害者。この場合グッズを駆使して乗り越えましょう。

例えば文章の見落としをしてしまうのであれば、定規などで読まない文章を隠しながら読んで行くと余計な文字を読まなくて済むので便利です。中には文字を特定の文章以外は隠して読めるモジサシ定規という定規もあるのでより便利です。

また、計算間違いをしてしまうことがあるのなら電卓を使うことで的確に計算することが出来ます。

【発達障害者はケアレスミスが多い理由と対策をご紹介!】まとめ

ケアレスミスは誰でもあることですが、発達障害者の方はその頻度が極端に多いとされています。

今回ご紹介した方法を駆使してケアレスミスを減らしていけるようになると思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

参考文献

・ディーキャリア「大人の発達障害ADHDのケアレスミスの原因と具体的な解決方法|一番大切なことは○○!!」

・大人の発達障害ナビ「忘れ物が多い、ミスが多いADHDの特性」

・キズキ「ADHDのケアレスミス対策法 ADHDとケアレスミスとの関係や相談先などを解説」

・発達障害教育推進センター「不注意な間違いが多いのですが・・・」

・ダイヤモンドオンライン「大人の発達障害「単純ミス連発」「マルチタスク無理」のサポート法」

日本ブログ村
この記事を書いた人

ASDの発達障害者でブロガーのブシンです!現在は某企業にて障害者雇用で働いております。
当事者である私が発達障害者の方々に対して、生活をより豊かにする情報を発信していけるよう頑張っていきますので宜しくお願い致します。

ブシンをフォローする
発達障害
ブシンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました