電話が苦手な人は必読!苦手に思う原因・克服方法をご紹介!!

電話 苦手 克服 ライフスタイル
Pocket

どうも、ダルグリです!

今回は電話に関する記事を書いていきたいと思います!

皆さんは電話対応についてどうでしょうか?

社会人の方だと、お客様からの電話で突然無理難題を言われたりよくわからない質問をされて戸惑ってしまう機会が多いかと思われます。

最近だとSNSが普及し、文字でのやり取りの機会が増え逆に電話で直接相手と話す機会が減り、その結果電話対応が苦手になっている方が増えているのが現状です。

今回はそんな電話対応が苦手な方が克服するにはどうすればイイのかを書いていきたいと思います!


苦手な原因

電話 苦手 克服
出典:写真AC

1.周り人達に聞かれていないかという恐怖心

職場で電話をする際、周りの人達に自分の慣れない電話対応に聞き耳を立てられているのではないか?後で「何であんなこと言うの?」と怒られてるのではないか?と不安・恐怖を感じている方がいらっしゃるかと思います。

その結果相手の話に集中出来ず、相手との会話が上手くいかない状況になり、その結果苦手意識を持つことになるのです。

参考:もう電話に怯えない!電話が苦手な理由を知って電話嫌いを克服する方法

2.返答を考える時間が短い

SNSといった文字を使って誰かと連絡を取り合う際、「相手に対してどう返答すればいいのか?」と考える余裕があります。

しかし、電話に関してだと考える余裕はあまりありません。

その為、早く返答をしなければ相手に不信感を与えることになります。なので、電話に慣れていないと早く相手に合わせた回答をしなければいけないという焦りからパニックになりがちです。その結果電話対応に対して苦手意識を持つことになるのです。

参考:電話が苦手な人の心理とは?原因を知って克服する方法をチェック!

3.話し相手がどんな人かわからない

友達や家族の誰かと電話で会話をしていると冗談を言ったりと気楽に話が出来ると思います。

しかし、ビジネスの場において自分が知らない誰かとどうしても話さなければいけない状況になります。

そんな時「相手はイラついているかもしれない」「もしかして急いでいるのかな」とどんな状況かわからず気になり焦ることになります。

その結果、まともな会話が出来ず相手に不信感を与えることにつながってしまうというケースが発生するのです。

参考:電話が苦手な人の心理とは?原因を知って克服する方法をチェック!

4.無言がつらい

電話をする際、話す話題が無くなり沈黙が訪れることがあるのではないでしょうか?

そうなると「何か話題を探さないと!」と焦ってしまい落ち着いて話すことが出来ません。

その結果ちゃんと会話が出来ず相手に不信感を与えることに繋がるのです。

参考:電話嫌いな人の理由とは?電話嫌いな人が取るべき対策を紹介

5.聞き取りづらい状況になる

相手と電話をしていると、周りの物音や回線が悪かったりで相手の話が聞き取りづらい状況になることがあります。

しかも話しの内容によりますが、もし大事な話をしている時に聞き逃すことがあれば申し訳ない気持ちになりますし、もう一度聞き返していいのかと絶対気まずい気持ちになりますよね。

参考:電話が苦手な人の心理とは?原因を知って克服する方法をチェック!

6.時間が取られる

家事や勉強、大事な仕事をしている際、突然電話が掛かってくると「今はちょっと勘弁して・・・」と困ってしまった経験があるのではないでしょうか?

しかし、電話に出ないわけにもいかないので、強制的に作業を止めることになります。

こういった自分の時間を取られてしまうことに対しても苦手だと感じる部分だと考えられます。

参考:電話嫌いな人の理由とは?電話嫌いな人が取るべき対策を紹介

克服方法

電話 苦手 克服
出典:イラコレ

1.自分のペースに持ち込む

電話の相手が焦っていたり急いでいる方ほどしゃべるスピードが早くなりがちです。

そういったペースに飲まれてしまえば、早口になったり気持ちが焦ってしまい冷静な判断が出来なくなります。

なのでこういった場合はゆっくりと自分が話しやすいスピードで話して下さい。そうすることで、相手のペースに飲まれることが無く、落ち着いた状態で話すことができます。

参考”テレオペに聞く、電話の受け答えが得意になる方法

2.事前に話す内容をまとめる

電話をかける前に伝えたいことを箇条書きにしてまとめてみましょう。

その時その時に思い付いた内容を話していくよりも、事前に話す内容を決めておくと、スムーズに聞きたいことが聞けるようになります。

参考:【電話が苦手】電話への苦手意識を克服する3つのポイント

3.事情を説明する

電話がかかってきた際、忙しい状況やどうしても電話に出れない状態になっている場合があります。

この場合「今〇〇中だから手短にお願いします」や「これから会議なので後ほどかけ直します」といった事情を説明しましょう。

そうすることで相手は「そうかなら手短に話そう」や「それじゃあ後出かけ直します」と言って簡潔に話してくれたり自分が空いた時間にかけ直してくれることでしょう。

参考:電話が嫌いな理由と克服するためのステップ

4.電話マニュアルの作成

「どう話せばいいのかわからない」という方にはマニュアルの作成がオススメ!

「こう質問されたらこう答える」「こういう流れで話す」といったマニュアルを用意しておけば心構えが出来てそこまて緊張がしないでしょう。

参考:電話対応が苦手な人へ【もう怖くない!克服法&対応マニュアル】

5.とにかく慣れる努力!

スパルタだと思われますが、これも重要な方法です。

そもそも今回ご紹介したノウハウ覚えたからといってすぐに出来るわけでは無いですし、自分のものしなけれはなりません。

なので、ご紹介したノウハウを自分のものにする為、積極的に電話を取っていき電話応対に慣れる努力をしていきましょう!

参考:電話対応が苦手な人へ【もう怖くない!克服法&対応マニュアル】

6.同僚や上司の電話応対を参考にする!

上司や同僚の対応を聞いておくと、どんな会話をすればいいのかを参考にすることが出来ます。

また、同僚や上司が相手先を怒らせてしまったといった失敗パターンの電話応対も勉強することも出来るのです!

参考:仕事での電話対応が苦手・嫌いな人の9つの心理と9つの克服方法

電話克服方法まとめ

電話が苦手な方々は世の中いっぱいいらっしゃるかと思います。

そんな方々に是非多少なりとも克服の手助けになるのであれば幸いです。

頑張って電話克服しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました